コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャルル3世(単純王) シャルルさんせい[たんじゅんおう]Charles III, le Simple

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャルル3世(単純王)
シャルルさんせい[たんじゅんおう]
Charles III, le Simple

[生]879.9.17.
[没]929.10.7. ペロンヌ
カロリング朝末期の西フランク王 (在位 898~922) 。国王権力弱体化とノルマン侵入の時代に即位。当時貴族の間には正統王朝の血統よりも政治能力上の適格性を重視してパリ伯ウードの家系 (クラクカペー家) を国王に推戴しようとする動きがあり,国内を掌握することができなかった。 911年ノルマン族のノルマンディー占拠を法的に追認した (サンクレール・シュール・エプト条約) 。その後,東フランク王位に対する要求を掲げ,ロレーヌ征服事業に熱中したため,ウードのロベール1世を擁立する貴族の反乱が発生した。ソアソンの戦い (923) でロベールを殺したが,自身も捕えられ,獄死。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

シャルル3世(単純王)の関連キーワードルイ2世(吃盲王)ルイ4世(海外王)ルイ[4世]バイキングノルマン人フルクロロ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android