コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャル・フォン・ベル Schall von Bell, Adam

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャル・フォン・ベル
Schall von Bell, Adam

[生]1591.5.1. ドイツ,ケルン
[没]1666.8.15. 中国,北京
ドイツ人のイエズス会宣教師,天文学者。アダム・シャルともいわれる。中国名は湯若望。ガリレオ・ガリレイの天文学を学び,天啓2(1622)年中国に入る。同 7年北京に赴き天文観測で名声を得,陝西で布教に従事。崇禎3(1630)年召されて上京し,徐光啓の援助を得て中国暦の改修にあたり,『崇禎暦書』を翻訳作成した。同 9年には勅命で北京に炉を開き,多数の火砲を鋳造した。明が滅び清に入ってからも,順治2(1645)年に西洋暦による「時憲暦」を完成し,同 3年欽天監監正(天文台長官)に任命された。これにより順治帝愛顧を得て布教事業を進めたが,守旧派天文学者讒言で失脚し,康煕4(1665)年死刑を宣告され翌年没した。死後 3年を経たのち,その名誉は回復された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

シャル・フォン・ベルの関連キーワードガリレオ・ガリレイフェルビースト5月1日天啓陝西

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android