コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャンパンサブラージュ champagne sabrage

1件 の用語解説(シャンパンサブラージュの意味・用語解説を検索)

結婚式・ブライダル用語集の解説

シャンパンサブラージュ

サーベル(刀)を使ってシャンパンコルクを瓶口ごと切り飛ばす演出。サブラージュに使われるサーベルフランス語で「サーブル(sabre)」といい、そこからこの名前がついています。シャンパンサーベルとも。サーベルを瓶にすべらせると、カキン、という硬く澄んだ音を立て、瓶の中にあるガスがコルクと瓶口を飛ばします。シャンパンの優美さと、サーベルで切り落とす鮮やかさと豪快さが、会場を華やかに盛り上げます。ただし、素人が真似をしようとすると危険です。サブラー(sabreur : サブラージュを行う人)や熟練のソムリエなどに頼みましょう。シャンパンの本場フランスには、サブラージュの楽しみを中心にしたシャンパーニュ文化の保護と啓蒙・愛好家同士の交流を目的としたサーブルドール騎士団があり、イギリスや日本にもその支部があります。

出典|2story.net
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シャンパンサブラージュの関連キーワードシャンパンピラミッドサーベルコルク樫とてシャンパンパンコルク化シュネーベルクコンパスナビシャンパンとスパークリングワインシャンパーニュ(シャンパン)

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone