シャンファラー(読み)しゃんふぁらー(英語表記)Shanfarā

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シャンファラー
しゃんふぁらー
Shanfar
(?―525ころ)

イスラム以前の古代アラビアの勇壮詩人。幼少のころ他部族に捕らえられて成人するが、のちにこの部族の100人を殺すという誓いをたて、死の直前になってこの誓いを果たしたと伝えられる。古代アラブの武人の勇気と自由をたたえてタアッバタ・シャッランと並び称される。各節の末尾がすべてl(エル)で終わる『ラーム韻詩集』は、アラビア文学史の初期を飾る傑作である。[内記良一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android