コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャンベラン Chamberland, Charles Édouard

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャンベラン
Chamberland, Charles Édouard

[生]1851.3.12. シリルビニョブル
[没]1908.5.2. パリ
フランスの細菌学者。 1875年,パリの生理学研究所で L.パスツールの助手となり,88年,パスツール研究所に入り,1904年,同副所長となる。シャンベランろ過器の創案者。これは素焼き製で細孔があるが,細菌を通さず,ウイルスだけを通す。これによってウイルスにろ過性病原体の名が与えられ,ウイルス学確立の基礎となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

シャンベランの関連キーワードアメリカズカップカルフーンケルビンリゴレットウィンエイクマンギュツラフケルネルコサンドジョーダン

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android