コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャンベラン Chamberland, Charles Édouard

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャンベラン
Chamberland, Charles Édouard

[生]1851.3.12. シリルビニョブル
[没]1908.5.2. パリ
フランスの細菌学者。 1875年,パリの生理学研究所で L.パスツールの助手となり,88年,パスツール研究所に入り,1904年,同副所長となる。シャンベランろ過器の創案者。これは素焼き製で細孔があるが,細菌を通さず,ウイルスだけを通す。これによってウイルスにろ過性病原体の名が与えられ,ウイルス学確立の基礎となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

シャンベランの関連キーワードアメリカズカップリゴレットウィンエイクマンギュツラフケルネルコサンドジョーダンスクーンメーカースミス

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シャンベランの関連情報