コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャーバーズ・ガリー Shāhbāz Gaṛhī

世界大百科事典 第2版の解説

シャーバーズ・ガリー【Shāhbāz Gaṛhī】

パキスタンの北西辺境州,ペシャーワルの北東約70kmにある村で,古代の通商路上の要衝として栄えた。A.フーシェは玄奘の《大唐西域記》に記される跋虜沙(ばろしや)城にあたるとした。南東の丘の西側山腹の岩とそこから落下した山麓の岩塊とにカローシュティー文字で刻まれたアショーカ王の磨崖法勅がある。また北東の丘にはメハサンダ仏教寺院址,その西方の平地にはチャナカ・デリー宮殿址がある。【肥塚 隆】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android