コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャープ源五郎擬 シャープげんごろうもどき

大辞林 第三版の解説

シャープげんごろうもどき【シャープ源五郎擬】

〔シャープは学名 Dytiscus sharpi から〕
ゲンゴロウ科の甲虫。体長約3センチメートル。体は楕円形で黒褐色。側方部は黄褐色に縁どられる。本州の平野部の池や水田などにすむが、開発や農薬散布などで分布が縮小し、絶滅が危惧される。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

シャープ源五郎擬の関連キーワード加藤タクヤゲンゴロウ擬竜蝨シェケム門アルジェリア出川哲朗ウッチャンナンチャン入江雅人宇浦冴香ARARI

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android