コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャー・ナーメ Shāh nāma

世界大百科事典 第2版の解説

シャー・ナーメ【Shāh nāma】

《王書》を意味し,フィルドゥーシーペルシア語作詩したイラン最大の民族叙事詩。980年ころアブー・マンスール編《散文王書》等を主たる資料として作詩に着手し,30年余の長年月にわたり作詩に没頭し,1010年ついに完成,ガズナ朝マフムードに献じた。マスナビー詩形,約6万対句からなるこの大作は,イランの神話,伝説・伝承,歴史の集大成で,イラン建国から7世紀半ばのササン朝滅亡に至る4王朝歴代50人の王者の治世が述べられている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のシャー・ナーメの言及

【イスラム美術】より

…この時代の絵画の特質は,中国から霊芝雲,土坡,竜,鳳凰などのモティーフをはじめとし,写実的描法,俯瞰的構図,巻子(かんす)本を思わせる横長の構図,白描画的筆法などの画法や技法が伝えられたことである。イブン・バフティシュの《動物の効用》のモーガン図書館本(1299ころ),文人宰相ラシード・アッディーンの《集史》のエジンバラ大学本(1307)とロンドン王立アジア協会本(1314),イランで最も人口に膾炙したフィルドゥーシーの民族英雄叙事詩《シャー・ナーメ(王書)》のデモット本(14世紀中期),《カリーラとディムナ》のイスタンブール大学図書館本(1360ころ)などが代表的な作品である。なかでも,〈大判のシャー・ナーメ〉の別名で呼ばれているデモット本は,ペルシア様式と宋・元の様式が完全に融合しているとは言い難いが,調和のとれたペルシア絵画の傑作といえる。…

【ペルシア文学】より

…同じ世俗文学でも〈歴史・伝記文学〉に属するものに,《フワダーイ・ナーマグ(王の書)》がある。フィルドゥーシーの《シャー・ナーメ》に基本的素材を提供したのは,本書であったと考えられている。伝記文学では,ササン朝の創始者アルダシール1世の出生から即位までを,伝統的モティーフを取り込みながら物語る《カールナーマグ・イー・アルダシール・イー・パーパガーン(パーパクの子アルダシールの行伝)》がよく知られている。…

※「シャー・ナーメ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シャー・ナーメの関連キーワードシャハラーム ナーゼリームハンマド・ザマーンリザー・アッバーシーフダーイ・ナーマフィルドウスィーアフラーシアーブイル・ハン朝美術フィルダウシーパフラビー文学シャー・ナーメイスラム美術ジャーファルブンダーリーガズニー朝アンダルズモンゴル派ダキーキーロスタムハムサガズナ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android