コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャー・モスク Masjed‐e Shāh

世界大百科事典 第2版の解説

シャー・モスク【Masjed‐e Shāh】

イランのイスファハーンに,サファビー朝のシャー・アッバース1世によって1612‐37年に建立された同朝の代表的なモスク。〈王のモスク〉の意。4イーワーン式で,マドラサ付設。入口は,南北に軸線をもつ〈王の広場Meydān‐e Shāh〉の南側に面するが,モスク自体の軸線はキブラ(メッカの方角)に合わせるために西に振っている。つまり入口を入ると右(西)に曲折する異例の方法がとられているところに特色がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シャー・モスクの関連キーワードジャマーロッディーン・イスファハーニージャマーロッディン‐イスファハーニイスファハンのイマーム広場イマームモスクウルモスク

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android