シャー・モスク(英語表記)Masjed‐e Shāh

世界大百科事典 第2版の解説

シャー・モスク【Masjed‐e Shāh】

イランのイスファハーンに,サファビー朝のシャー・アッバース1世によって1612‐37年に建立された同朝の代表的なモスク。〈王のモスク〉の意。4イーワーン式で,マドラサを付設。入口は,南北に軸線をもつ〈王の広場Meydān‐e Shāh〉の南側に面するが,モスク自体の軸線はキブラ(メッカ方角)に合わせるために西に振っている。つまり入口を入ると右(西)に曲折する異例の方法がとられているところに特色がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android