コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュウェービッシェ・アルプ Schwäbische Alb

1件 の用語解説(シュウェービッシェ・アルプの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

シュウェービッシェ・アルプ【Schwäbische Alb】

ドイツ南西部,ドナウ川最上流部の北側に南西~北東にのびる山脈。標高500~1000m。中生代ジュラ紀層の石灰岩からなるため,シュウェービッシェ・ユーラ(ジュラ)とも呼ばれる。全体が一つのケスタ地形をなし,北西側へは急傾斜でネッカー盆地に臨み,南東側へは緩傾斜でドナウ川に臨む。延長約220kmで,南西部はライン川をこえてスイスジュラ山脈へ,北東部はフレンキッシェ・アルプへ続く。高原上は水が不足するが,縁辺部には多量のわき水があり,これを利用して古くから繊維・機械などの工業が発達している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のシュウェービッシェ・アルプの言及

【ビュルテンベルク】より


[地理]
 南はボーデン湖から北はタウバー川まで,西はバーデン地方,東はバイエルン州に連なる。西側にシュワルツワルトの山並みが南北に横たわり,中央部には丘陵山地のシュウェービッシェ・アルプSchwäbische Alb(幅40km,長さ220km,最高地点1015m)が南西から北東方向に斜めに走って,その北麓を北に流れるネッカー川と,南麓を東に向かうドナウ川の分水嶺をなしている。ライン川上流のワルツフートを支点にしてシュワルツワルトとシュウェービッシェ・アルプにはさまれたV字形の地帯がシュワーベン段丘地で,崖と段丘が階段状をなして北方マイン川流域のフランケン段丘地まで連なっている。…

【ビュルテンベルク】より


[地理]
 南はボーデン湖から北はタウバー川まで,西はバーデン地方,東はバイエルン州に連なる。西側にシュワルツワルトの山並みが南北に横たわり,中央部には丘陵山地のシュウェービッシェ・アルプSchwäbische Alb(幅40km,長さ220km,最高地点1015m)が南西から北東方向に斜めに走って,その北麓を北に流れるネッカー川と,南麓を東に向かうドナウ川の分水嶺をなしている。ライン川上流のワルツフートを支点にしてシュワルツワルトとシュウェービッシェ・アルプにはさまれたV字形の地帯がシュワーベン段丘地で,崖と段丘が階段状をなして北方マイン川流域のフランケン段丘地まで連なっている。…

※「シュウェービッシェ・アルプ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone