コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュウメイギク(秋明菊)(読み)シュウメイギク(英語表記)Anemone japonica; Japanese anemone

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュウメイギク(秋明菊)
シュウメイギク
Anemone japonica; Japanese anemone

キンポウゲ科の多年草。中国原産ともいわれるが,古くから日本で観賞用に栽培され,また一部では野生化している。茎は直立してまばらに分枝し,高さ約 70cm内外。葉は3出複葉で,小葉はしばしばさらに3裂する。花は9~10月頃開き,白色や紅紫色で径5~7cm,外側には緑色の萼片があり,内部には色のついた花弁状の萼片が多数あって平開し,キクの花のようにみえる。おしべ,めしべともに多数ある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シュウメイギク【シュウメイギク(秋明菊) Japanese anemone】

庭に植えられるが,現在では野生化しているものが多く,低山の林縁などに生えるキンポウゲ科の多年草(イラスト)。花がキクに似ており,秋に咲くので秋明菊という。また別名のキブネギク(貴船菊)は京都北部の貴船に多かったために名づけたらしい。高さ50~80cm,地中に匍匐(ほふく)枝を出して繁殖する。根生葉は3出複葉で,長い葉柄がある。小葉は小葉柄をもち,浅裂し,鋸歯がある。茎は直立,分枝し,節には2~3枚の茎葉対生または輪生する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報