コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュガーケーキ sugar cake

1件 の用語解説(シュガーケーキの意味・用語解説を検索)

結婚式・ブライダル用語集の解説

シュガーケーキ

たっぷりのドライフルーツを使って固く焼いたケーキシュガーペーストでコーティングした三段重ねのケーキ。溶けにくいのでガーデンウエディングなどにおすすめです。シュガーケーキはウエディングケーキ発祥の地イギリスにて18世紀ごろ生まれたケーキで、今ではイギリスにおける正式なウエディングケーキとなっています。当初は、装飾という目的以上に、保存目的で砂糖によるコーティングが行われました。そもそもフルーツケーキやパウンドケーキと言うものは、時間が経てば経つほど生地に味がしみこみ、しっとりとおいしくなります。そのため、少しでも長く保存できるようにと砂糖でコーティングされました。三段ある内の一番下のケーキは結婚披露宴に列席してくれた方々と一緒に。中央のケーキは結婚披露宴に列席出来なかったゲストへ郵送。一番上のケーキは、赤ちゃんの洗礼式のときに家族三人で食べるためのものでした。

出典|2story.net
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シュガーケーキの関連キーワードベースケーキエアライフルドライフライドライフルーツフルーツケーキフルーツパーラーライフルライフル射撃ドラゴンフルーツライフル種目

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シュガーケーキの関連情報