コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュクシャ(縮砂) シュクシャHedychium coronarium; ginger lily

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュクシャ(縮砂)
シュクシャ
Hedychium coronarium; ginger lily

ショウガ科の多年草。ハナシュクシャともいう。ミャンマー,タイに産するが,日本には安政 (1854~60) 以前に輸入された。草丈約 2m,葉は無柄で,卵状披針形,先端は尾状に伸びる。花穂は地下茎から別に伸び,黄色の花をつける。花後,径 1cmぐらいの球状の 蒴果を結ぶ。種子はボルネオールなどの精油を含み,特異の芳香と強い味がある。漢方ではこの種子を健胃,整腸,消化剤として用いる。園芸界ではこの種類を単にジンジャーということが多いが,同属の植物にはニクイロシュクシャ H. carneum,キバナシュクシャ H. gardnerianumなど観賞用とされるものがいくつかある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

シュクシャ(縮砂)の関連キーワードキバナシュクシャ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android