シュタウト(読み)しゅたうと(英語表記)Karl Georg Christian von Staudt

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シュタウト
しゅたうと
Karl Georg Christian von Staudt
(1798―1867)

ドイツの数学者。エルランゲン大学教授(1835~1867)。射影幾何学に多くの業績を残し、近世幾何学の創始者の一人といわれる。射影幾何学というのは、いわゆる射影変換で不変な図形の性質、たとえば、いくつかの点が一直線上にあるとか、いくつかの直線が同一点を通るというような性質に着目して、それらを研究する幾何学である。したがって長さや角は問題にしないが、シュタウトは点と直線の位置関係だけを用いて、たとえば非調和比を定義している。その著『位置の幾何学』(1847)は、この分野の画期的な仕事として有名である。[矢野健太郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

シュタウト

生年月日:1798年1月24日
ドイツの数学者
1867年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

八村塁

プロバスケットボール選手。ポジションはパワーフォワード、スモールフォワード。身長203センチメートル、体重104キログラム。アフリカ・ベナン共和国出身の父と日本人の母をもつ。1998年2月8日、富山県...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android