コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュタウフェンベルク Claus Schenk Graf von Stauffenberg

世界大百科事典 第2版の解説

シュタウフェンベルク【Claus Schenk Graf von Stauffenberg】

1907‐44
1944年7月20日のドイツ陸軍上層部を中心とするヒトラー暗殺未遂事件の首謀者の一人。当時,予備軍最高司令官付参謀長で陸軍大佐であった。ビュルテンベルクバイエルンの王室に仕えた由緒ある家柄に生まれ,母はプロイセンのグナイゼナウ将軍の孫。君主主義的保守主義とカトリシズムの環境で育ったが,反ヒトラー運動に参加した土地貴族出身者たちのあいだでは最も開かれた態度の持主で,社会主義者グループとも緊密な関係をもっていた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

シュタウフェンベルクの関連キーワードルードビヒ ベック反ファシズム運動七月二十日事件ベック