コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュテファン[大公] Ştefan cel Mare

世界大百科事典 第2版の解説

シュテファン[大公]【Ştefan cel Mare】

?‐1504
モルドバの公。在位1457‐1504年。シュテファン3世ともよばれる。ボグダン2世の子。モルドバは東西貿易の要路にあり,関税収入は国庫の重要部分を占めていたが,彼はブラショブビストリツァ等の貿易商人に特権を与え,また小貴族,手工業者,自由農民を保護して,領主化を図る大貴族の勢力を抑えた。自由な共同体を保持していた農民は,公を支持してその主要な戦力となった。当時東南ヨーロッパ全域の支配をめざしていたオスマン帝国はワラキアの宗主国となり,またハンガリー,ポーランドもモルドバを脅かしていたので,彼は随時ハンガリー,ポーランド,ボヘミア,ベネチア,ロシアと同盟関係を結んでこれに対抗した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のシュテファン[大公]の言及

【モルドバ】より

…ロシア語などではモルダビアMoldaviaと呼ぶ。歴史的モルドバは旧モルドバ公国領の地方を指し,それは時代によって若干変化しているが,一般にルーマニア人はシュテファン大公の時代の領土をモルドバとみなしている。それは東カルパチ山脈とドニエストル川にはさまれた地域で,北はブコビナに接し,南は黒海とドナウ川下流までであるが,南西部のワラキアとの境はドナウ川支流のブザウBuzǎu川とさらにその支流のミルコブMilcov川の線とされている。…

【ヤシ】より

…当時モルドバ公国の中心は北部にあり,スチャバが首都であった。公国を隆盛に導いたシュテファン大公の治世(1457‐1504)には公の館と付属教会も建てられたが,その後1565年アレクサンドル・ラプシュネヤヌ公の治世に公国の首都となった。絶えず外敵の脅威にさらされ,市は1538年オスマン帝国のスルタン,スレイマン1世の軍勢によって灰燼に帰したのをはじめ,1577年,1616年,50年,86年,1821年に,オスマン軍,クリム・ハーン国軍,ポーランド軍,コサック軍によって破壊された。…

※「シュテファン[大公]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

シュテファン[大公]の関連キーワード差押え命令プトレマイオス8世エウエルゲテス2世証人永正フリーエージェント(FA)司馬遷デメトリオス2世マルクス・アウレリウス液体燃料イサベル

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android