コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュテルンベルグ Sternberg, Theodor

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

シュテルンベルグ Sternberg, Theodor

1878-1950 ドイツの法学者。
1878年1月5日生まれ。ハイデルベルク大,ベルリン大でまなび,ドイツ各地で検事をつとめたのち,スイスのローザンヌ大講師となる。大正2年東京帝大のドイツ法教師として来日。各地の大学で講義し,司法省法律顧問もつとめた。1950年4月18日死去。72歳。ベルリン出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シュテルンベルグ
しゅてるんべるぐ
Лев Яковлевич Штернберг Lev Yakovlevich Shternberg
(1861―1927)

ロシアの民族学者。ソ連時代に活躍。ペテルブルグ大学法学部などに在学中から革命運動に加わり、1886年逮捕され、89~97年の間、サハリンに流刑となり、この間、ギリヤークニブヒ)をはじめ、ウイルタアイヌなどの民族の社会組織や宗教、言語の資料を収集し、研究を行った。途中、沿海州に渡り、アムール川流域の調査も行っている。ペテルブルグに戻ったのち、民族学・人類学博物館に勤め、1918年レニングラード大学教授となり、24年ソビエト科学アカデミー通信会員となった。彼は、ギリヤークの社会組織に関し、婚姻の一般交換の資料を集め、「集団婚」の痕跡(こんせき)をみいだしている。またアイヌのイナウの起源が、神と人との媒介者で人のことばを神に伝えるものとの説を出し、シャーマニズムや双子崇拝、シベリア諸民族の世界観のうえで重要な位置を占めるワシの崇拝など、宗教の研究に関しても業績を残している。[田村克己]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のシュテルンベルグの言及

【シテルンベルグ】より

…ソ連邦の民族学者。シュテルンベルグとも呼ぶ。ウクライナのジトミル生れ。…

※「シュテルンベルグ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シュテルンベルグの関連キーワードグラフィラ ヴァシーレヴィッチシテルンベルグホジキン病輝砒鉱