コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュトイトリン Stäudlin, Karl Friedrich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュトイトリン
Stäudlin, Karl Friedrich

[生]1761.7.25. シュツットガルト
[没]1826.7.5.
ドイツの神学者,道徳哲学者。ゲッティンゲン大学神学教授 (1790) ,宗教局参事 (1803) も兼任。合理主義と超自然主義との統一をはかりつつ,超自然的啓示を固守した。主著『イエスの倫理史』 Geschichte der Sittenlehre Jesu (4巻,1799~1822) ,『新倫理学綱要』 Neues Lehrbuch der Moral (17) ,『合理主義と超自然主義の歴史』 Geschichte des Rationalismus und Supranaturalismus (26) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

シュトイトリンの関連キーワードシャルルボアシュパンベルグスパンベルグラモーの甥北尾派バーラージー・バージー・ラーオ上田秋成ショアズールポンディシェリ叙勲

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android