シュトイトリン(英語表記)Stäudlin, Karl Friedrich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュトイトリン
Stäudlin, Karl Friedrich

[生]1761.7.25. シュツットガルト
[没]1826.7.5.
ドイツの神学者,道徳哲学者。ゲッティンゲン大学神学教授 (1790) ,宗教局参事 (1803) も兼任。合理主義と超自然主義との統一をはかりつつ,超自然的啓示を固守した。主著『イエスの倫理史』 Geschichte der Sittenlehre Jesu (4巻,1799~1822) ,『新倫理学綱要』 Neues Lehrbuch der Moral (17) ,『合理主義と超自然主義の歴史』 Geschichte des Rationalismus und Supranaturalismus (26) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

暑さ指数

湿度、気温、日差しの強さの3要素で暑さを表す指標。正式名称は湿球黒球温度(Wet-Bulb Globe Temperature)で、WBGTと略される。熱中症の危険度を判断する目安として国際的に用いら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android