コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュトイトリン シュトイトリンStäudlin, Karl Friedrich

1件 の用語解説(シュトイトリンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュトイトリン
シュトイトリン
Stäudlin, Karl Friedrich

[生]1761.7.25. シュツットガルト
[没]1826.7.5.
ドイツの神学者,道徳哲学者。ゲッティンゲン大学神学教授 (1790) ,宗教局参事 (1803) も兼任。合理主義超自然主義との統一をはかりつつ,超自然的啓示を固守した。主著『イエスの倫理史』 Geschichte der Sittenlehre Jesu (4巻,1799~1822) ,『新倫理学綱要』 Neues Lehrbuch der Moral (17) ,『合理主義と超自然主義の歴史』 Geschichte des Rationalismus und Supranaturalismus (26) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

シュトイトリンの関連キーワードシュパンベルグスパンベルグ叙勲日本酒の消費量猪飼敬所いろは新助蔡温杉浦乗意三国節吉見幸和

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone