コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュトルエンゼー シュトルエンゼーStruensee, Johann Friedrich, Graf von

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュトルエンゼー
Struensee, Johann Friedrich, Graf von

[生]1737.8.5. ハッレ
[没]1772.4.28. コペンハーゲン
デンマークの政治改革者。シュトリュンゼーとも表記される。ドイツの医師であったが,デンマーク王クリスティアン7世の侍医となり,次いで宰相となった (1770) 。出版の自由を含む多くの自由主義的改革を断行,デンマーク,とりわけノルウェーに深刻な影響を与えたが,王妃キャロライン・マティルダとの情事を理由に保守派に捕えられ,斬首された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

シュトルエンゼーの関連キーワード民主党強姦コンモドゥス縮小解釈QRコードエレウテリウス被害者リモネン(データノート)ダルジャンスジャン・ガストネ

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android