コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュトロウガル シュトロウガルŠtrougal, Lubomír

2件 の用語解説(シュトロウガルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュトロウガル
シュトロウガル
Štrougal, Lubomír

[生]1924.10.9. 南ボヘミア,ベセリー
チェコスロバキアの政治家。 1945年共産党に入党。 49年カレル大学卒業。 58年党中央委員,59年農林・水利相,61年内相,65年党書記に就任。 68年の改革期に副首相,経済会議議長となったが,保守的中間派であり,ソ連などの軍事介入後 11月に党チェコ局議長および党幹部会員となり,69年以降は改革派追放に活躍。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シュトロウガル
しゅとろうがる
Lubomr trougal
(1924― )

チェコスロバキアの政治家。南ボヘミア出身。1945年プラハ大学法学部入学と同時に共産党加入、卒業後地区の党書記となり、1958年から党中央委員、1959年から中央委書記となった。1959~1961年農林相、1961~1965年内相を歴任。中道保守派であったが、1968年4月に副首相兼経済評議会議長に就任した。同年8月のソ連の軍事介入(チェコ事件)後、1970年1月に改革派のチェルニークOldrich Cernik(1921―1994)にかわって首相になった。その後、1980年代後半の東欧の民主化要求の高まりのなかで、1988年10月シュトロウガル内閣は総辞職した。[木戸 蓊]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

シュトロウガルの関連キーワード高校野球父を売る子フランス映画甲子園球場リニューアル阪神甲子園球場リニューアル金大中オリンピックギュムリコフカサンクト・ペテルブルク

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone