コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュニービント Schniewind, Julius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュニービント
Schniewind, Julius

[生]1883.5.28. エルバーフェルト
[没]1948.9.7. ハレ
ドイツのプロテスタント新約聖書学者。ボン,ハレ,ベルリン,マールブルクの諸大学に学ぶ。 M.ケーラーの影響を受け,聖書解釈には先鋭な批評と啓示事実への謙虚さとがみられる。グライフスワルト (1927) ,ケーニヒスベルク (29) ,キール (35) ,ハレ (36) 各大学の新約聖書学教授を歴任。ドイツ教会闘争における代表者。主著"Evangelion,Ursprung und erste Gestalt des Begriffs Evangelium" (1巻,27,2巻,31) ,"Das Evangelium nach Matthäus" (50) ,"Das Evangelium nach Markus" (50) ,"Nachgelassene Reden und Aufsätze" (52) ,"Zur Erinnerung des Christenstandes" (66) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

シュニービントの関連キーワードアルマン条約ガルシンサンフランシスコ・ジャイアンツ電気事業フィラデルフィア・フィリーズユーイング(Sir James Alfred Ewing)ポンキエリアモンウィンチェスターウェルクマイスター

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android