コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュパイアー国会 シュパイアーこっかいReichstage von Speyer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュパイアー国会
シュパイアーこっかい
Reichstage von Speyer

ドイツのシュパイアーで開かれた神聖ローマ帝国数次国会をいうが,特に 1526年と 29年の国会が有名。教皇とフランス王に対決し,トルコ人の脅威にそなえる必要から,皇帝カルル5世は,新教に敵意をもちながらも,ルター異端者と断罪したウォルムス勅令を 26年の国会で停止し,各領主の良心に応じて宗教政策をとることを許した。しかしカトリック側の圧力によって皇帝は,29年2月に国会を招集,ルター派に対する寛容を一切撤回した。これに対して6人の諸侯と 14都市が良心の自由と少数派の権利擁護を求めて正式の抗議書 protestを提出,ここから新教徒プロテスタント (抗議者) と呼ばれるにいたった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

シュパイアー国会の関連キーワードプロテスタント教会

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android