コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュプイル遺跡 シュプイルいせきXupuhil

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュプイル遺跡
シュプイルいせき
Xupuhil

メキシコのカンペチェ州南部にあるマヤ古典期後期 (600~900) の遺跡。宮殿とピラミッド神殿とを複合させたような独特の建築様式に特色がある。勾配約 80度の非常に急傾斜なピラミッドや頂部の神殿は,いずれも形を模造したもので実用性はない。これは建築の機能よりも外観の装飾効果に重点をおいたもので,リオ・ベックと呼ばれるマヤの地方様式を表わしている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android