コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュプイル遺跡 シュプイルいせき Xupuhil

1件 の用語解説(シュプイル遺跡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュプイル遺跡
シュプイルいせき
Xupuhil

メキシコのカンペチェ州南部にあるマヤ古典期後期 (600~900) の遺跡。宮殿とピラミッド神殿とを複合させたような独特の建築様式に特色がある。勾配約 80度の非常に急傾斜なピラミッドや頂部の神殿は,いずれも形を模造したもので実用性はない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シュプイル遺跡の関連キーワードエズナ遺跡ユカタン半島シュプヒル遺跡チチェンイッツアマヤパンメキシカンメキシコのダンスカンペチェ湾油田群カンペチェ州、カラクムールの古代マヤ都市カンペチェ歴史的要塞都市

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone