コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュミット しゅみっとFlorent Schmitt

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シュミット(Florent Schmitt)
しゅみっと
Florent Schmitt
(1870―1958)

フランスの作曲家。パリ音楽院でデュボア、ラビニャック、ジェダルジュ、マスネ、フォーレに学ぶ。1900年ローマ大賞を獲得してローマ留学後、パリで活動。22~24年リヨン音楽院長を務める。29~39年『ル・タン』紙の音楽批評を担当。ドビュッシー、フォーレの影響のもとに、ドイツ後期ロマン派音楽との親近性を示しながら、古典的な均整のとれた音楽を書いた。代表作は『詩篇(しへん)第47番』(1904)、バレエ曲『サロメの悲劇』(1907)、ピアノ五重奏曲(1908)など。[寺田由美子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シュミットの関連情報