シュミット(読み)しゅみっと(英語表記)Florent Schmitt

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シュミット(Florent Schmitt)
しゅみっと
Florent Schmitt
(1870―1958)

フランスの作曲家。パリ音楽院でデュボア、ラビニャック、ジェダルジュ、マスネ、フォーレに学ぶ。1900年ローマ大賞を獲得してローマ留学後、パリで活動。22~24年リヨン音楽院長を務める。29~39年『ル・タン』紙の音楽批評を担当。ドビュッシー、フォーレの影響のもとに、ドイツ後期ロマン派音楽との親近性を示しながら、古典的な均整のとれた音楽を書いた。代表作は『詩篇(しへん)第47番』(1904)、バレエ曲『サロメの悲劇』(1907)、ピアノ五重奏曲(1908)など。[寺田由美子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シュミットの関連情報