コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュムプレガデス岩 シュムプレガデスいわ Symplēgades

1件 の用語解説(シュムプレガデス岩の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュムプレガデス岩
シュムプレガデスいわ
Symplēgades

ギリシア神話の「打合いの岩」のことで,アルゴナウテスたちの遠征航海に立ちはだかった,2つの大岩がぶつかり合う海の難所。予言者フィネウスの助言を得て,彼らはまずはとを2つの大岩の間へ飛ばして,はとが通り抜けたのを見定めたのち,力いっぱい船を漕ぎ,間一髪の差で通過することができた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シュムプレガデス岩の関連キーワードエイレイテュイアギリシア悲劇ヒュギエイアボレアスギリシャ神話牧神打合い《ギリシア神話》ヘレナ(ギリシア神話)ラドン(ギリシア神話)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone