コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュムプレガデス岩 シュムプレガデスいわSymplēgades

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュムプレガデス岩
シュムプレガデスいわ
Symplēgades

ギリシア神話の「打合いの岩」のことで,アルゴナウテスたちの遠征航海に立ちはだかった,2つの大岩がぶつかり合う海の難所。予言者フィネウスの助言を得て,彼らはまずはとを2つの大岩の間へ飛ばして,はとが通り抜けたのを見定めたのち,力いっぱい船を漕ぎ,間一髪の差で通過することができた。そのとき大岩は激しく打合ったため,くっついてしまい,2度と打合うことができなくなったという。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

シュムプレガデス岩の関連キーワードギリシア神話

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android