シュライヒャー(読み)しゅらいひゃー(英語表記)August Schleicher

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シュライヒャー(August Schleicher)
しゅらいひゃー
August Schleicher
(1821―1868)

ドイツの言語学者。ダーウィンの影響を受け、自然科学的な方法を言語学に導入した。自然の生体と同じように、言語も成長と衰退の道をたどる一つの有機体とみなし、またこのような言語の発達変遷をヘーゲル流に解釈して、言語の成長と発達は先史時代に、堕落と消滅は歴史時代に属すると考えた。人類言語の発達を、孤立語、膠着(こうちゃく)語、屈折語という継起的な三つの段階に区分したのも彼である。また、その主著『印欧語比較文法要説』(1861~1862)のなかで示された、インド・ヨーロッパ諸言語の系統的関係を表す樹木の枝分れ図は「系統樹説」として知られる。ほかに『言語比較研究』(1848~1850)、『ダーウィン学説と言語学』(1863)などがある。[松本克己]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

アースデイ

地球のことを考えて行動する日。1970年、アメリカのG・ネルソン上院議員によって提唱された。毎年4月22日がその日とされており、世界中で環境イベントが開催されている。 アースデイが誕生したきっかけは、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シュライヒャーの関連情報