コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュラッター Schlatter, Adolf

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュラッター
Schlatter, Adolf

[生]1852.8.16. ザンクトガレン
[没]1938.5.19. テュービンゲン
スイスに生れ,ドイツで活躍した神学者。グライフスワルト,ベルリン,テュービンゲンの各大学で新約聖書学と組織神学教授を歴任。聖書主義の立場に立ち,新約聖書学の分野では,後期ユダヤ教や歴史の研究を新約聖書釈義に生かして成果をあげた。倫理学の分野では,この世におけるキリスト者の社会活動の重要性を説いた。主著は『新約聖書注解』 Erläuterungen zum Neuen Testament (3巻,1887~1904) ,『キリスト教教義』 Das christliche Dogma (11) ,『キリスト教倫理学』 Die christliche Ethik (14) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シュラッター【Adolf Schlatter】

1852‐1938
スイス生れのプロテスタント神学者。グライフスワルトを経て,チュービンゲン大学の新約学教授。後期ユダヤ教の研究によって新約聖書の理解に新生面を開き,新約全巻にわたる膨大な釈義を残した。また信仰覚醒運動の聖書的キリスト教の立場に立って,独自な神学を展開した。それは〈知覚的〉〈観察的〉〈経験的〉な神学で,デカルト以来の思弁的・観念論的伝統と対決して,多方面に影響を与えた。【近藤 勝彦】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シュラッターの関連キーワード子どもの運動器の病気を見つける手がかりオスグッド・シュラッター病オズグッド=シュラッター病スポーツ障害8月16日骨端症

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シュラッターの関連情報