コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュリンクラップ契約 しゅりんくらっぷけいやく

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

シュリンクラップ契約

パッケージソフトなどの透明フィルムの包装ユーザーが破った時点で、使用許諾契約に同意したものとみなす契約方式。シュリンクラップは「包装」という意味。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

シュリンクラップけいやく【シュリンクラップ契約】

商品を包んでいる封を開けた際に、商品の提供者と利用者との間で成立する合意や契約。合意内容は商品自体や包装材などに、あらかじめ利用者の目に見える形で提示されている。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

シュリンクラップ契約の関連キーワードパッケージ利用者

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android