コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュリーヤー Schlier, Heinrich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュリーヤー
Schlier, Heinrich

[生]1900.3.31. ノイブルク
[没]1978.12.26. ボン
ドイツの新約聖書学者。 K.バルト,R.ブルトマンのもとで神学を,M.ハイデガーのもとで哲学を学び,イェナ,ブッパータールで牧師,教師となり,1945~52年ボン大学で新約聖書学および古代教会史の教授。プロテスタントからカトリックに転向したのちは,古代キリスト教文学史を講じた。ブルトマンの影響下に書かれた"Religionsgeschichtliche Untersuchungen zu Ignatiusbriefen" (1929) ,"Christus und die Kirche im Epheserbrief" (30) や,プロテスタントとしては最後の著作となった"Der Brief an die Galater" (49) ,カトリックに転向してからの"Die Zeit der Kirche" (56) ,"Mächte und Gewalten im Neuen Testament" (58) ,"Das Ende der Zeit" (71) ,"Der Apostel und seine Gemeinde" (73) などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

シュリーヤーの関連キーワード[各個指定]工芸技術部門ウンベルト1世義和団事変ケイロース酒井雄三郎ドールセントルイス・カージナルス耐火物ベルトルッチ内閣総理大臣

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android