コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュロソウ(棕櫚草) シュロソウVeratrum nigrum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュロソウ(棕櫚草)
シュロソウ
Veratrum nigrum

ユリ科の多年草で,バイケイソウ属の1種。北半球温帯の林内や草地から高山草原にまで広く分布する。広楕円形で短い柄のある 20~30cmの葉を根もとから出す。葉の基部は鞘となり,冬は地上部が枯れるが,この葉鞘の脈がシュロ糸のようになって何年も残るので,この名がある。夏に,50cmあまりの花序を総状に出し,多数の6弁の小花を開く。花被片は紫褐色である。花 (花被片) が緑色のものをアオヤギソウ V. nigrum var. parviflorumといって区別することがある。花色の違いのほかに分布域もアオヤギソウは低山の湿った草地に,シュロソウは高山草地にと分れる傾向がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android