コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュロチク(棕櫚竹) シュロチクRhapis humilis; low ground rattan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュロチク(棕櫚竹)
シュロチク
Rhapis humilis; low ground rattan

ヤシ科の常緑低木。中国大陸南部原産で,日本には琉球を経て古くから渡来し庭園に栽植され,また鉢植として室内装飾に用いられる。寒さに弱いので関東より北では戸外越冬はむずかしい。は叢生し,高さ 3mに達し,径 2.5cmぐらい,短い地下茎を伸ばして繁殖する。葉は半円形扇状で掌状に 10~18個の裂片に裂ける。裂片は線形で長さ 25~30cm,幅2~3cm,縁には細かいとげ状の鋸歯がある。葉柄は長さ 25cmぐらいで硬い。雌雄異株で,夏に葉腋花序をつける。斑 (ふ) 入りなどの園芸品種もある。幹は堅いので杖などにすることもある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

シュロチク(棕櫚竹)の関連キーワードカンノンジュロヤシ科

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android