コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュワルツコプ Schwarzkopf, Elisabeth

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュワルツコプ
Schwarzkopf, Elisabeth

[生]1915.12.9. プロシア,ポズナン近郊ヤロチン
[没]2006.8.3. オーストリア,シュルンス
ドイツのソプラノ歌手。ベルリンの音楽学校で学び,のちにイギリスに留学。 1938年ベルリン国立歌劇場でデビュー。指揮者カール・ベームに認められ,1944~50年ウィーン国立歌劇場専属のコロラトゥーラ・ソプラノとなる。ウィーンを中心に世界各国で活躍し,ロンドンのコベントガーデン劇場,ミラノのスカラ座ザルツブルク祝祭にたびたび出演した。 1953年にアメリカデビューを果たし,メトロポリタン歌劇場でも活躍した。あたり役はリヒアルト・シュトラウス作曲の『ばらの騎士』の元帥夫人。日本でも数回公演。オペラのみならず,ドイツ歌曲の歌い手としても高い評価を得た。 1971年オペラから引退,その後はリサイタルに専念した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

シュワルツコプの関連キーワードトーマス ハンプソンマティアス ゲルネ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android