コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュンデレシス synderesis; syntērēsis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュンデレシス
synderesis; syntērēsis

正邪善悪を判断する万人に生来そなわる共通な道徳意識を意味するスコラ哲学の用語で,「良知良能」と訳される。ヒエロニムスの scintilla conscientiae (良心の火花) という語に由来するとされる。原罪によって現実には堕落している罪の子もみなこれをもっている。このシュンデレシスの本質が知性的か意志的かという点については,ボナベントゥラはこれをまったく意志的に,トマス・アクィナスは知的に解釈する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android