シューティング・ゲーム(読み)しゅーてぃんぐげーむ(英語表記)shooting game

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シューティング・ゲーム
しゅーてぃんぐげーむ
shooting game

コンピュータ・ゲームのジャンルの一つ。プレーヤーによって操作されるキャラクター(宇宙船などの戦闘用兵器の場合が多い)が弾丸などを発射して次々に現れる敵のキャラクターを倒していくもの。略してSTGともいう。1978年(昭和53)タイトーが開発したアーケードゲーム「スペースインベーダー」は大ヒットして社会現象にまで発展した。また、83年につくられたナムコの「ゼビウス」は、その完成度の高さからゲームカルチャーとよばれる現象を生み出した。[鈴木銀一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android