コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シューバルト シューバルトSchubart, Christian Friedrich Daniel

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シューバルト
Schubart, Christian Friedrich Daniel

[生]1739.3.24. オーバーゾントハイム
[没]1791.10.10. シュツットガルト
ドイツの詩人,ジャーナリスト,音楽家。シュトゥルム・ウント・ドラング運動の代表者の一人。初め教職にあったが満足せず,政治的な論説を発表した。しかし紙上で民衆の自由を主張し,封建君主制を批判したため捕えられ,1777年から 10年間獄につながれた。その運命と『獄中詩集』 Gedichte aus dem Kerker (1785) などの作品は,シラーやヘルダーリーンなどの同郷 (シュワーベン) の若い詩人たちに強い感銘を与えた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シューバルト
しゅーばると
Christian Friedrich Daniel Schubart
(1739―1791)

ドイツの詩人、作家、音楽家、ジャーナリスト。牧師・教会音楽指揮者の子としてシュワーベンのオーバーゾントハイムに生まれる。エルランゲンでの学業は借金のため中断、やがてルートウィヒスブルクのオルガン奏者、音楽教師となるが1772年追放される。2年間ハイルブロン、マンハイム、ハイデルベルク、ミュンヘンを放浪。74年、週刊の『ドイツ年代記』の編集者となる。その言論のため王侯の怒りを買い、77年ウュルテンベルクのカール・オイゲン公領へ誘い出され、85年までホーエンアスペルク要塞(ようさい)に拘留された。自作詩にメロディをつけた曲は民衆によく歌われた。シューベルト作曲の『鱒(ます)』は彼の詩作による。王侯の横暴に反対する詩も多く、彼の小品『人間の物語』(1775)は、のちにシラーの『群盗』(1781)に素材と影響を与えた。[冨田 弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

シューバルトの関連キーワード農書(農業に関する書物)武蔵野音楽大学3月24日

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android