コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シューベルト:ピアノ・ソナタ 第8番 嬰ヘ短調/piano solo Sonate für Klavier Nr.8 fis-Moll

ピティナ・ピアノ曲事典(作品)の解説

シューベルト:ピアノ・ソナタ 第8番 嬰ヘ短調/piano solo

第1楽章の展開部までしか残されていない。しかし和声変化の美しい楽章であり、嬰ヘ短調という珍しい調の選択も含めて、シューベルトが独自のセンスを発揮し始めたことが窺われる。
(稲田 小絵子 2007/7)

出典|(社)全日本ピアノ指導者協会ピティナ・ピアノ曲事典(作品)について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android