シューマン(読み)しゅーまん(英語表記)Victor Schumann

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シューマン(Victor Schumann)
しゅーまん
Victor Schumann
(1841―1913)

ドイツの物理学者。ケムニッツの工業学校に学び、同地の機械工場の技師となった。1872年ごろから趣味で始めた写真に熱中し、当時まだ揺籃(ようらん)期にあった写真技術の研究に進んだ。1893年蛍光真空分光器を考案して初めて遠紫外線をとらえ、さらに特殊乾板「シューマン板」を開発してその研究を行い、分光学、原子物理学の開拓者の一人となった。1894年ハレ大学名誉学士、1910年ザクセン王立科学アカデミー会員となった。[高橋智子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

サンセット条項

買収防衛策の妥当性を担保するため、一定期間ごとにその適否を株主に諮る仕組みのこと。サンセットとはSunset(日没)の意。 2005年5月に経済産業省及び法務省が公表した「企業価値・株主共同の利益の確...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シューマンの関連情報