コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シューマン, クララ:ワルツ形式によるカプリス/piano solo Caprice en forme de valse

ピティナ・ピアノ曲事典(作品)の解説

シューマン, クララ:ワルツ形式によるカプリス/piano solo

おそらく1831年から32年にかけて、クララが父ヴィークに伴われて行った大規模なパリへの演奏旅行の前後に書かれた作品集。それぞれは、さほど関連性のない9つの小品からなる。全て3拍子系で、4分の3拍子の ...続き

出典 (社)全日本ピアノ指導者協会ピティナ・ピアノ曲事典(作品)について 情報

シューマン, クララ:ワルツ形式によるカプリス/piano soloの関連キーワードシューマン, クララ:ロマンティックなワルツ/piano solo

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android