コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シューマン, クララ:ワルツ形式によるカプリス/piano solo Caprice en forme de valse

ピティナ・ピアノ曲事典(作品)の解説

シューマン, クララ:ワルツ形式によるカプリス/piano solo

おそらく1831年から32年にかけて、クララが父ヴィークに伴われて行った大規模なパリへの演奏旅行の前後に書かれた作品集。それぞれは、さほど関連性のない9つの小品からなる。全て3拍子系で、4分の3拍子の ...続き

出典|(社)全日本ピアノ指導者協会ピティナ・ピアノ曲事典(作品)について | 情報

シューマン, クララ:ワルツ形式によるカプリス/piano soloの関連キーワードシューマン, クララ:ロマンティックなワルツ/piano solo

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android