コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シューマン:フモレスケ 変ロ長調/piano solo Humoreske

ピティナ・ピアノ曲事典(作品)の解説

シューマン:フモレスケ 変ロ長調/piano solo

シューマンのピアノ曲の中でも優れた作品の一つとされる。1838年から1839年にかけてのウィーン滞在中に書かれた。「アラベスク」作品十八や、「花の曲」作品十九もこの頃の作品である。
フモレスク(フ ...続き

出典|(社)全日本ピアノ指導者協会ピティナ・ピアノ曲事典(作品)について | 情報

シューマン:フモレスケ 変ロ長調/piano soloの関連キーワードシューマン

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android