コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シューマン:交響的練習曲/piano solo Etudes symphoniques

1件 の用語解説(シューマン:交響的練習曲/piano soloの意味・用語解説を検索)

ピティナ・ピアノ曲事典(作品)の解説

シューマン:交響的練習曲/piano solo

主題と12の変奏から成っており、練習曲というよりは全体でひとつの壮大なスケールを持つ作品。ピアノは一楽器であるにとどまらない豊かな響きを出す、というシューマンのピアノに対する思いが「交響的」という名 ...続き

出典|(社)全日本ピアノ指導者協会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シューマン:交響的練習曲/piano soloの関連キーワード変奏曲デュカス:ラモーの主題による変奏曲、間奏曲とフィナーレ/piano soloホロヴィッツ:ビゼーの“カルメン”の主題による変奏曲/piano soloメンデルスゾーン:厳格な変奏曲/piano soloベートーヴェン:「プロメテウスの創造物」の主題による15の変奏曲とフーガ(エロイカ変奏曲)/piano soloリスト:超絶技巧練習曲/piano soloベートーヴェン:創作主題による6つのやさしい変奏曲 ト長調/piano soloバッハ:ゴルトベルク変奏曲(アリアと30の変奏曲)ト長調/piano soloサン=サーンス:主題と変奏/piano solo松平 頼則:盤渉調「越天楽」によるピアノのための主題と変奏/piano solo

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone