コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ショウキラン(鐘馗蘭) ショウキランYoania japonica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ショウキラン(鐘馗蘭)
ショウキラン
Yoania japonica

ラン科の腐生性多年草。北海道から九州 (屋久島まで) に分布し,針葉樹林下の笹林床に生える。地下茎は太く,長く伸びてわずかに分枝する。茎は高さ 10~30cm,淡紅色を帯びた白色で,半円形の鱗片葉がまばらにつく。7~8月,茎の上部に長い花柄子房のある淡紅色花を3~8個つける。萼片は大きくて開出し,花弁は短くて幅広い。唇弁は花弁と同長で白く,内側中央に短毛と紫斑がある。は淡黄褐色で開口部に黄色の長毛があり,前方に突出している。本州,九州のブナ帯に分布する近似種キバナノショウキラン Y.amagiensisは,花が黄色で多数,地下茎は密に分枝する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ショウキラン(鐘馗蘭)の関連キーワードラン科

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android