ショウジョウエビ(猩々蝦)(読み)ショウジョウエビ(英語表記)Glyphus marsupialis

世界大百科事典 第2版の解説

ショウジョウエビ【ショウジョウエビ(猩々蝦) Glyphus marsupialis】

甲殻綱オキエビ科に属する深海産の体長20cmに達する大型エビ(イラスト)。一様に濃い赤色のためこの名がある。甲は硬くない。頭胸甲の側面にはやや不規則ながあるほかは特別のとげはない。額角はごく短くてほぼ水平に突き出し,その後方は頭胸甲の正中稜として続き,ごく小さなとげが5~8本不規則に並んでいる。歯の数や間隔は必ずしも一定していない。第1,2胸脚が大きくてはさみをもち,第3胸脚が糸状で長く,第4,5胸脚が著しく小さいことはオキエビ科の特徴をよく表している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

アラビックヤマト

ヤマト株式会社の液状のりのブランド名。1975年発売。スポンジキャップと速乾性が特徴。スタンダードのほか、先がカーブしている「エル」、太・細塗りが出来る「ツイン」、スポンジ部分を下にして置ける「さかだ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android