コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ショウジョウエビ(猩々蝦) ショウジョウエビGlyphus marsupialis

1件 の用語解説(ショウジョウエビ(猩々蝦)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ショウジョウエビ【ショウジョウエビ(猩々蝦) Glyphus marsupialis】

甲殻綱オキエビ科に属する深海産の体長20cmに達する大型エビ(イラスト)。一様に濃い赤色のためこの名がある。甲は硬くない。頭胸甲の側面にはやや不規則な稜があるほかは特別のとげはない。額角はごく短くてほぼ水平に突き出し,その後方は頭胸甲の正中稜として続き,ごく小さなとげが5~8本不規則に並んでいる。歯の数や間隔は必ずしも一定していない。第1,2胸脚が大きくてはさみをもち,第3胸脚が糸状で長く,第4,5胸脚が著しく小さいことはオキエビ科の特徴をよく表している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone