コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ショウジンガニ(精進蟹) ショウジンガニ Plagusia dentipes

1件 の用語解説(ショウジンガニ(精進蟹)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ショウジンガニ【ショウジンガニ(精進蟹) Plagusia dentipes】

甲殻綱イワガニ科のカニで,外洋性の岩礁にすみ,水中の岩の表面をすばやく歩き回るイラスト)。甲幅4.5cm,甲長4cmくらいの丸みを帯びた四角形で,短毛で覆われている。額は狭くて突き出し,中央の溝がやや深い。第1触角は額の両側に縦にたたまれ,背面から見ることができる。甲の前側縁には四つの突起が鋸歯状に並び,歩脚の長節の前縁もやはり鋸歯状である。赤褐色であるが,はさみ脚を覆う顆粒(かりゆう)は濃赤色。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ショウジンガニ(精進蟹)の関連キーワード石蟹磯蟹岩蟹赤手蟹葦原蟹精進蟹饅頭蟹柔蟹

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone