コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ショパン:ピアノ・ソナタ第1番 ハ短調/piano solo Sonate pour piano No.1

1件 の用語解説(ショパン:ピアノ・ソナタ第1番 ハ短調/piano soloの意味・用語解説を検索)

ピティナ・ピアノ曲事典(作品)の解説

ショパン:ピアノ・ソナタ第1番 ハ短調/piano solo

ワルシャワ音楽院院長で師ユゼフ・エルスネルの指導監督の下に書かれたショパンの最初のソナタ。形式習得のために書いたといわれ、全体的に未熟な書法が目立つ。あるいはむしろ、すでに独自の音楽世界を持っていた ...続き

出典|(社)全日本ピアノ指導者協会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ショパン:ピアノ・ソナタ第1番 ハ短調/piano soloの関連キーワードシマノフスキバダジェフスカルトスワフスキワルシャワ条約機構ゼフィルスマルシャウコフスカ通りワルシャワ旧王宮ワルシャワ蜂起記念碑シュニトケチュルニョーニス:4つの小品 作品3/piano solo

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone