ショパン:ポロネーズ第5番 嬰ヘ短調/piano solo(読み)Polonaise No.5

ピティナ・ピアノ曲事典(作品)の解説

ショパン:ポロネーズ第5番 嬰ヘ短調/piano solo

嬰へ短調という非常に情熱的な調性を用い、長く精力的な作品である。ユニゾンによる不安定なモチーフからオクターヴへと発展する前奏に続きテーマが現れる。しかしこの曲の特徴は何といっても途中でマズルカが挿入さ ...続き

出典 (社)全日本ピアノ指導者協会ピティナ・ピアノ曲事典(作品)について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android