コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ショパン:ポロネーズ第5番 嬰ヘ短調/piano solo Polonaise No.5

1件 の用語解説(ショパン:ポロネーズ第5番 嬰ヘ短調/piano soloの意味・用語解説を検索)

ピティナ・ピアノ曲事典(作品)の解説

ショパン:ポロネーズ第5番 嬰ヘ短調/piano solo

嬰へ短調という非常に情熱的な調性を用い、長く精力的な作品である。ユニゾンによる不安定モチーフからオクターヴへと発展する前奏に続きテーマが現れる。しかしこの曲の特徴は何といっても途中でマズルカが挿入さ ...続き

出典|(社)全日本ピアノ指導者協会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ショパン:ポロネーズ第5番 嬰ヘ短調/piano soloの関連キーワード平行調シューマン:ピアノ・ソナタ 第1番 嬰ヘ短調/piano soloストラヴィンスキー:ピアノ・ソナタ 嬰ヘ短調/piano soloバッハ:トッカータ 嬰ヘ短調/piano soloリスト:調のないバガテル/piano soloシューベルト:ピアノ・ソナタ 第8番 嬰ヘ短調/piano soloメンデルスゾーン:幻想曲 嬰ヘ短調「スコットランド・ソナタ」/piano soloラヴィーナ:バラード/piano soloハイド:ラプソディー 第1番 嬰へ短調/piano soloドライショック(ドライショク):幻想曲 ヘ短調/piano solo

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone