コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ショパン:ポロネーズ第5番 嬰ヘ短調/piano solo Polonaise No.5

ピティナ・ピアノ曲事典(作品)の解説

ショパン:ポロネーズ第5番 嬰ヘ短調/piano solo

嬰へ短調という非常に情熱的な調性を用い、長く精力的な作品である。ユニゾンによる不安定モチーフからオクターヴへと発展する前奏に続きテーマが現れる。しかしこの曲の特徴は何といっても途中でマズルカが挿入さ ...続き

出典|(社)全日本ピアノ指導者協会ピティナ・ピアノ曲事典(作品)について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone