コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ショパン:即興曲第2番 嬰ヘ長調/piano solo Impromptu No.2

ピティナ・ピアノ曲事典(作品)の解説

ショパン:即興曲第2番 嬰ヘ長調/piano solo

Impromptu」とはラテン語に由来し、「準備のできていない」ことを意味する。この言葉は1822年に偶然にも二人の作曲家が同時に自作品に用いたのが最初とされる。音楽ジャンルとしての即興曲は、演奏技 ...続き

出典 (社)全日本ピアノ指導者協会ピティナ・ピアノ曲事典(作品)について 情報

ショパン:即興曲第2番 嬰ヘ長調/piano soloの関連キーワード即興幻想即興曲即興曲リスト:即興ワルツ/piano solo小関裕太即興曲ジュディ デービス

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android