コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ショパン:即興曲第2番 嬰ヘ長調/piano solo Impromptu No.2

1件 の用語解説(ショパン:即興曲第2番 嬰ヘ長調/piano soloの意味・用語解説を検索)

ピティナ・ピアノ曲事典(作品)の解説

ショパン:即興曲第2番 嬰ヘ長調/piano solo

「Impromptu」とはラテン語に由来し、「準備のできていない」ことを意味する。この言葉は1822年に偶然にも二人の作曲家が同時に自作品に用いたのが最初とされる。音楽ジャンルとしての即興曲は、演奏技 ...続き

出典|(社)全日本ピアノ指導者協会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ショパン:即興曲第2番 嬰ヘ長調/piano soloの関連キーワード個人主義美学メヒコ呼格魔術ラテン民族羅甸ショパン:即興曲第1番 変イ長調/piano soloショパン:即興曲第3番 変ト長調/piano soloショパン:幻想即興曲 嬰ハ短調 (遺作)/piano solo

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone