コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ショパン:幻想即興曲 嬰ハ短調 (遺作)/piano solo Fantasie-impromptu

ピティナ・ピアノ曲事典(作品)の解説

ショパン:幻想即興曲 嬰ハ短調 (遺作)/piano solo

Impromptu」とはラテン語に由来し、「準備のできていない」ことを意味する。この言葉は1822年に偶然にも二人の作曲家が同時に自作品に用いたのが最初とされる。音楽ジャンルとしての即興曲は、演奏 ...続き

出典|(社)全日本ピアノ指導者協会ピティナ・ピアノ曲事典(作品)について | 情報

ショパン:幻想即興曲 嬰ハ短調 (遺作)/piano soloの関連キーワード即興幻想即興曲即興曲リスト:即興ワルツ/piano solo小関裕太即興曲ジュディ デービス

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android