コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ショーリアク ショーリアクChauliac, Guy de

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ショーリアク
Chauliac, Guy de

[生]1300頃.オーベルニュショーリアク
[没]1368.7.25. アビニョン
中世ヨーロッパで最も有名な外科医。幼い頃聖職者となりツールーズ,モンペリエ,パリ,ボローニャで医学を修めた。 1344年リヨンの聖ジュリー聖堂の聖職禄を受け,55年レンスの聖堂に移り,アビニョンに行って開業,教皇の侍医をつとめた。ヘルニアと白内障の手術を行い,癌の切除や吸入麻酔法についても述べている。主著に『小外科学』 Chirurgia parva,『大外科学』 Chirurgia magna (1363) があり,16世紀のフランスに A.パレが出るまで,ヨーロッパ外科学の最高指導者となっていた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ショーリアクの関連キーワード平城遷都1300年記念事業シャハブ3弾道ミサイルアジアゾウの減少小崎正義野田江里子オートモ号車せんとくん市橋氏水力発電ザンビアの要覧