コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ショーリアク Chauliac, Guy de

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ショーリアク
Chauliac, Guy de

[生]1300頃.オーベルニュ,ショーリアク
[没]1368.7.25. アビニョン
中世ヨーロッパで最も有名な外科医。幼い頃聖職者となりツールーズ,モンペリエ,パリ,ボローニャで医学を修めた。 1344年リヨンの聖ジュリー聖堂の聖職禄を受け,55年レンスの聖堂に移り,アビニョンに行って開業,教皇の侍医をつとめた。ヘルニアと白内障の手術を行い,癌の切除や吸入麻酔法についても述べている。主著に『小外科学』 Chirurgia parva,『大外科学』 Chirurgia magna (1363) があり,16世紀のフランスに A.パレが出るまで,ヨーロッパ外科学の最高指導者となっていた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ショーリアクの関連キーワードツールーズアビニョン

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android