コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シラコバト(白子鳩) シラコバト collard turtle dove

1件 の用語解説(シラコバト(白子鳩)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

シラコバト【シラコバト(白子鳩) collard turtle dove】

ハト目ハト科の鳥(イラスト)。ヨーロッパからインド,中国,朝鮮半島まで分布している。日本では関東平野の埼玉県を中心に茨城県,栃木県,千葉県,東京都の一部に限って生息する。〈越谷のシラコバト〉として国の天然記念物で,埼玉県の県鳥。全長約33cm。全身淡い灰褐色で,後頸(こうけい)によく目だつ黒帯がある。尾は両側が白く,下から見ると先のほう半分ほどが白い。くちばしは黒く,脚は赤い。ポーポーポポーと静かなおとなしい声で鳴く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のシラコバト(白子鳩)の言及

【ハト(鳩)】より

…カンムリバト亜科はニューギニア地方特産で,カンムリバト属Gouraの3種だけからなり,オオハシバト亜科はサモア島特産のオオハシバト1種だけを含む。 日本にはカラスバトColumba janthina,リュウキュウカラスバトC.jouyi,オガサワラカラスバトC.versicolorシラコバトStreptopelia decaocto(イラスト),ベニバトS.tranquebaricaキジバトS.orientalis(イラスト),キンバトChalcophaps indica,アオバトSphenurus sieboldii,ズアカアオバトS.formosaeの9種が分布するが,小笠原諸島特産のオガサワラカラスバトと琉球諸島特産のリュウキュウカラスバトは絶滅した。これらによく似たカラスバトは伊豆諸島や西南日本の離島に分布し,全身光沢を帯びた紫黒色の大型のハトである。…

※「シラコバト(白子鳩)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シラコバト(白子鳩)の関連キーワード北ヨーロッパ西ヨーロッパ南ヨーロッパヨーロッパ共同体ヨーロッパ連合河原鳩白子鳩ヨーロッパトルコヨーロッパロシアヨーロッパ級

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone